FPトガクレお金を育てる

ゆるーく読めるお金の攻略サイト!シンプル・簡単・手間なしの資産運用法を紹介!

VTR250は初心者向けのバイクではない!ベテランも納得するぽっちゃり気味になったNSR250Rなんだぜ!

スポンサーリンク

 

f:id:togakure:20191021231904j:plain

どうもトガクレです。

 

今回はVTR250というバイクについての記事だよ。想像力豊かな変態の人は読んでね!

 

このバイクは、素直な操縦性と抜群の足つきから「初心者向けバイク」として有名です。

 

VTR250を検索すると、ほとんどの記事で「乗りやすいから初心者におすすめ!」と書かれています。

 

いやむしろ、「初心者だけが選ぶ」バイクのように書かれている事が多い。

 

しかし、それはそれで間違ってはいないのだが、私はあえて言いたい。

 

VTR250はベテランこそ納得する、ぽっちゃり気味になったNSR250Rだ!

 

妄言?ノンノン。違うんだぜ!

 

 

 

 

VTR250というバイクは、初心者はむしろすぐ飽きる

 

 

「走る・曲がる・止まる」が高度にバランスされれたVTR250は、初心者にもおすすめです。

 

尖っている所が無いので、誰が乗ってもそれなりに上手く乗れてしまう。

 

ケチのつけどころがほとんどありません。

 

初心者にとても優しい。

 

シート高も笑ってしまうくらい低い(シート高755mm)ので、小柄な女の子でも軽さも相まって安心して乗る事が出来ます。

 

(逆に身長が170㎝以上あると、足の曲りがきつくて少し窮屈)

 

だがしかーし!!!

 

VTR250は尖った性能(アホみたいに速いとか)が無いので、初心者は高度にバランスが取れたVTRの良さが分からずに「つまんねーな!」と手放してしまうことがなんと多いことか!

 

ああ、もったいない!

 

使いこなして本当の性能を堪能する前に、だいたいの初心者は乗り換えてしまいます。

 

ベテランこそ、このバイクの本当の価値を分かってもらえるのではないかと思っています。

 

どことなく感じるNSR250Rの風…

 

f:id:togakure:20191021231917j:plain

 

「NSR250Rに似てるだと?におまえNSRに乗ったことないだろ?」という声が聞こえてきそうですが、私トガクレはNSR250R(90)、RGV250γ(91)、TZR250R(93)と2ストばかり乗り継いだマニアなんです。

 

実力は大したことはありませんが、峠とサーキットで遊んでいましたので、NSRなどの2ストの良さはある程度分かっています。

 

しかし最近ではNSRも状態の良いものは100万円を超える事もあり、以前のように気楽に遊べるバイクでは無くなりました。

 

(以前は不動車が知り合いの車庫に放置されている事も多く、6万位で引き取って直せばいくらでも乗れたんですw)

 

寂しく思いますが、30年も昔のバイクに100万円も出す余裕はありません。

 

街乗りだけで乗っても、ポジションがきついし発進に気を遣うしで、正直つまらないバイクだしね。

 

VTR250はどちらかというと「スーパーカブ」の延長の様な気分で乗り出しましたが、「いつか乗ったバイクに似ている」と思うようになりました。

 

「なんのバイクだろうか…」

「いや、まさかな」

「そんなはずない…」

 

「いや!間違いない!フィーリングがNSR250Rにどことなく似ている!」

 

かすかな思いが確信に変わった瞬間です!!!

 

VTRがNSRに似ている理由を少し見ていきましょう。

 

エンジンはV型2気筒

 

 

もう説明不要のエンジン形式です。

 

2ストと4ストの違いはありますが、NSR250RとVTR250はエンジンの形式がざっくりいえば同じです。

 

ざっくり言えばですよw

 

もちろんまったく勝負にならないくらいエンジン性能はNSRの方が速いですが、アイドリングや回転が上がる時のフィーリングなど、どことなくNSRを感じる事が出来ます。

 

「どことなく」ですよ。いつもは感じませんwww

 

思い通りに曲がるそのコーナリング性能

 

f:id:togakure:20191021231928j:plain

 

思い通りのラインで曲がっていくコーナリング性能は、正にNSR250Rを彷彿とさせます。

 

自分の視線を向けた方向に、曲がりたいイメージのまま曲がる事が出来る。

 

事実、足回り(フロントフォーク)などはNSRとの共通部品もあり、懐かしくもありました。

 

またエンジンがV型2気筒なので、倒しこみの軽さと、コーナーに進入する鋭さがNSRを彷彿とさせます。

 

速度域は低中速でしょうが、限界はそれなりに高いように感じます。

 

ジムカーナでも大活躍

 

 

ジムカーナでもVTR250は人気です。

 

ジムカーナの大会でも、出場台数の4~6割ほどはVTRなんです。

 

すごくないですか?約半分はVTRなんですよ?

 

しかも実力があればトップも狙える素性の良さ!

 

いかにこのマシンがバランスの良い性能を有しているかの証明でしょう。

 

まだ見たことが無いなら、この動画を見てみて下さい。


バイクジムカーナ VTR250最速の松本選手とDR-Z400SM最速 早川選手の比較動画

 
どうですか?すごいですよね。

 

VTRに乗る松本選手はプロの方のようですが、VTRでも極めればこんな走りが出来てしまうんです。

 

(腕があればだけどw)

 

まとめ

 

 

という訳でVTR250について紹介しました。

 

このバイクは不遇な時代を生きたせいで、人気車種とはなりませんでした。

 

同年代に「ホンダ ホーネット250」があり、こちらは4気筒で花形の人気バイクでした。

 

当時のバイク雑誌は「ホーネット vs VTR250」の比較をサーキットのラップタイムで競っていましたので、明らかに直線で速いホーネットが持ち上げられていました。

 

その為、VTRを褒める時には「初心者にも乗りやすい」としたので、そのイメージのままなんですよね。

 

でも今から考えると大きなサーキットではなく、ミニサーキットでタイムアタックしたらどうなっていたんでしょうか?

 

VTR250の方がタイムが速いんじゃないかな。

 

このバイクは不思議なもので、初めて乗った時は「これといって特徴の無いバイクだな」と思ってしまうんですが、乗っているとトータルでのバランスの良さや、鋭く曲がるコーナリング性能という素性の良さに気付かされます。

 

まるで、腹の出た元プロ野球選手が草野球に遊びに来て、大活躍する姿に思えてきます。

 

そう。

 

それはNSR250Rが現役を引退して、しばらくはレースからは遠ざかっていたので運動不足気味になってしまったけど、ひとたび腕まくりして走り出せばあの頃の走りを彷彿とさせる。

 

VTR250は「現役を引退してぽっちゃり気味になったNSR250Rなんだ」と。

 

最後に。

 

いないとは思うけど、NSR250Rの代わりとして購入するバイクではないからねw

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます!

あなたは5ポイントの けいけんちを かくとくしました!

 

 

 

www.fp-togakure.com

www.fp-togakure.com

www.fp-togakure.com