FPトガクレお金を育てる

ゆるーく読めるお金の攻略サイト!資産運用(株、投資信託、お得な制度など)を紹介します

【サーフィン移住】仕事がサービス業・医療・福祉なら千葉・茨城がおすすめな理由

スポンサーリンク

FPトガクレです。

 

趣味サーファーのおすすめの移住先は千葉・茨城だよ

 

気が付けばサーフィン歴も15年以上となってしまいました。

 

年数が長くなっても、それと全く比例しない実力(笑)、比例する腹のぜい肉www

 

最近では行く回数もめっきり減りましたが、それでも細々と続けており、今のところ辞めたいとは思いません。

 

まあサーフィンをされている方ならわかると思いますが、「サーフィンを趣味とするライフスタイル」も好きなのかもしれません。

 

サーフショップで新しいウエットスーツをオーダーしたり、自主トレで水泳したり、意味もなく波の様子を見に行ったりと。

 

サーフィンの魅力は尽きないのですが、サーフィンで移住を考えている方におすすめの場所は千葉・茨城なんです。

 

特にサービス業医療・福祉の専門職で活躍されている方には、特におすすめです。

 

今回はそんな千葉・茨城がおすすめの理由を紹介したいと思います。

 

 

千葉・茨城は一年中安定した波が立つ

 

千葉で有名なスポットは一宮や片貝・鴨川あたりでしょうか。

 

茨城では大洗や鹿島が有名です。

 

千葉・茨城(打つのが面倒になってきたので、以下「チバラキ」としますw地元の略し方w)では、他の地域と違って一年中安定して波が立ちます

 

他の地域から比べると、チバラキの波は常に腰程度はある安定したサイズです。

 

(もちろん風で潰れる日もあれば、小波だったりオーバーヘッドだったりと出来ない日は当然あります)

 

以前サーフトリップ(サーフィンの旅)で、湘南にも何度か行ったことがありました。

 

一般的には湘南の方がサーフィンの聖地ですよね?
実際サーファーも多いし。

 

しかし行ってみると、波は無いのに人はいっぱい。

 

みなさん一斉にパドリング(波に乗る動作)をするのですが、「え?どの波に乗るわけ??」と悪気無く思ってしまいました。

 

ディスっているわけではありませんよ!


すごく上手な人と、千葉の片田舎にはいない、おしゃれな人はいっぱいいました!

 

まあそれくらい普段見ている波とは違っていたという事です。

 

基本的にチバラキはビーチタイプの海岸で、波は初級者~中級者向きのポイントが多いです。

 

波質だけでしたら日本ではその他に「宮崎」「静岡」「新島などの離島」などのライバルがいます。

 

まあ正直波質だけなら、宮崎や離島の方が良いです(断言)

 

プロサーファーやサーフィンだけに命を燃やしている人は、そちらに行くでしょう。

 

しかし「チバラキ」をおすすめする理由は、波だけではありません。

 

f:id:togakure:20190713103343j:plain

人口がそれなりに多いので仕事が選べる

 

プロやリタイヤしている人ならともかく、ほとんどの人が仕事をしながらサーフィンをします。

 

サービス業や医療・福祉のお仕事をしている方は、人口がそれなりに多くないと仕事がありません

 

そこでチバラキです。

 

千葉県は人口約626万人で、都道府県ランキング堂々の6位です。

 

これよりランキング上位は大都会しかありません。


急に現れた田舎の都会、それが千葉県ですw

 

まあ基本的には東京のベッドタウンなので、大都市は東京に近い方に集中しています。

 

しかし極端に田舎の方に住まない限りは、都会的な便利な暮らしと、田舎の自然を満喫できるお得な場所です。

 

そして茨城県。

 

茨城県は人口約288万人で千葉よりだいぶ少なくなりますが、ランキング11位です。

 

「え?11位なの?」と思った方もいらっしゃるでしょう。


そうです。茨城は意外に人口が多いんです

 

ランキング12位は広島県、13位は京都府です。

 

茨城は実は都会なんです!!!

 

…と言いたいところですが、平野が多いので住めるところも多いんですよね。
だから人口も少なくない。

 

広島や京都の駅前のように「大都会!」みたいなところがほぼない代わりに、どこ行ってもだいたい人が住んでるのが茨城。

 

ということで、チバラキは人口がそれなりに多いので、仕事には困りません。

 

サービス業や医療・福祉業界以外でも、茨城県の鹿島市や神栖市には工業地帯がありますので、そこ狙いでも良いかもしれません。

 

あと、雪も少ないですよ。


寒いのさえ我慢すれば、ほぼ一年中サーフィンできます。

 

千葉は降雪量が少ないランキングでもかなり上位です。
(茨城も同様にあまり降りません)

 

おすすめ移住先の一例

 

【サーフィン一筋】千葉県一宮町

 

本気の人におすすめなのが一宮町です。

 

2020年オリンピックのサーフィンの会場でもあります。

 

実際人口も移住する人でかなり増えています。

 

道路沿いにはサーフショップからレストラン・カフェもあり、サーフィンを終えたサーファーで賑わっています。

 

サーファーなら玉前神社の「波乗守」も有名です。

 

海は混雑するので、ド下手な私は邪魔になるので少し敬遠していますw

 

【人口多いぞ】茨城県水戸市

 

水戸市は人口約27万人の都市で、海のある大洗町へ車で15分程度で行くことができます。

 

「27万人?少なくない?」とお思いだと思います。

 

しかし、「海に15分程度で行けて」「波も良く」「それなりに人口が多い」都市は、日本中探してもかなり少ないことに気付きます。

 

千葉県でも15分やそこらで、そのような海に行ける大都市はありません。

 

海が近い都市の中では、トップクラスの大都市。それが水戸市。


サービス業の方におすすめです。

 

海は大貫海岸が近く、波が安定しており鹿島などがクローズする時も出来たりします。

 

サーフィンの後の海鮮料理のお店もたくさんあり、楽しめますよ。

 

【1粒で2度おいしい】千葉県成田市or柏市or茨城県取手市

 

いわゆるチバラキの中間地点に住めばちょっとお得なんです。

 

風や季節のコンディションに合わせて、茨城と千葉の海をその日の気分で選べます。

 

一般的に夏は南風が吹きますので茨城県鹿嶋市の方が良い波が期待できるし、逆に北東風の冬は千葉県の片貝海岸あたりの方が良い波になります。

 

中間地点に住めば、どちらの海も1時間程度で行けるため、一年中良い波を堪能できる。

 

タイトルの成田・柏・取手の他にも、安孫子市・佐倉市・竜ヶ崎市あたりでも人口はそこそこいますので、仕事には困らないでしょう。

 

鹿嶋の波は、平井海岸は落ち着いていることが多いのですが、その他はダンパー気味です。2019年7月現在は護岸工事中で、入れるスポットは限られています。

 

片貝周辺の海岸はとにかく広い!一般的な海水浴場から秘密のスポットまで様々です。
好きなところ選び放題ですので、お好みの場所でどうぞ(笑)

 

ローカル(地元民)がそんなに厳しくない

 

どのサーフスポットでもローカルが優先なのは変わりません。

 

いつも海岸の環境整備などしていただいてますからね。

 

「俺たち以外は入るんじゃねえ!」なんて、チバラキの海はそこまで厳しくありません。

 

ルールを守ってサーフィンすれば、どのスポットでもだいたい楽しむことができます。

 

f:id:togakure:20190713103535j:plain

私の場合 千葉県佐倉市

 

私は現在「千葉県佐倉市」に移住し、10年近く住んでいます。

 

佐倉市は茨城と千葉の海の中間地点なので、茨城県鹿島の海と千葉県片貝海岸へは、どちらも1時間半以内に行くことができるため、夏は鹿嶋で冬は片貝方面と行き分けています。

 

仕事も近隣に千葉市、八千代市、船橋市、習志野市など比較的人口の多い街がありますので、今のところ転職にも困っていません。

 

佐倉市は土地がそれほど高くなく、場所にもよりますが自然災害には強い方です。
(雪が少ない、大きな川が無い、地盤が強い、台風があまり直撃しない等)

 

賃貸・購入どちらでも、安めに済ませることができますしね。

 

贅沢言わなければ買い物にも困らず良い街で正解だったと思っています。

 

そうそう、「レイディックスサーフ」という有名なサーフショップもありますよ。
ジャスティスのサーフボードがいっぱい売っています。

 

お店の人が「一緒に海行きませんか?」なんて優しく誘ってくれることがあるんですが、私は隅っこの方で迷惑にならないよう遊んでいるだけなんで、いつも遠慮しています(笑)

 

まとめ

 

今回は「サービス業・医療・福祉」の方向けに記事を書きましたが、千葉・茨城は場所を選べば都内への通勤も可能です。

 

本格的に海の近くに移住するもよし、少しお店がある都会よりに移住するもよし。

 

千葉・茨城にはサーフィンを楽しめる生活環境が比較的整っています。

 

こいつぁーすげえぜ!千葉!茨城!