FPトガクレお金を育てる

あなたの生活が劇的に変わる資産運用術

おすすめの投資信託【安い シンプル】

f:id:togakure:20190324103528j:plain



FPトガクレです。

 

現在は様々な投資信託が乱立しています。

 

しかし、以前と比べて圧倒的に選びやすくなっています。

 

詳しく解説しているサイトはいっぱいありますので、シンプルに紹介していこうと思います。

 

 

 

アクティブファンドかインデックスファンドか?

 

これは指数に連動する「インデックスファンド」を選んで下さい。

 

プロが運用するアクティブファンド信託報酬(手数料みたいなもの)が高く、これによりインデックスファンド負けてしまうことがほとんどです。

 

だいたい7割程度は負けてしまい、長期になると9割負けるデータもあります。

 

仮に運用が良くても手数料分で負けてしまうことが多いんです。

 

インデックスファンドの選び方

 

最近は本当に良い時代になってきました。

 

私が投資を始めた15年前位は信託報酬が今のアクティブファンド位に高かったものです。

 

現在はETFと比較しても、遜色無いレベルにまで信託報酬が下がっています。

 

選び方としては、ネット証券でしたら選びたい の信託報酬で検索をかけ、手数料の低い物の中から選ぶだけです。

 

詳しい方は「実質コスト(表面の数字上ではなく、実際にかかるコスト)」を気にされますが、大した違いが無いくらい信託報酬も下がっていますので、あまり気にされなくても大丈夫です。

 

投資信託はこれを選べ

 

このファンドがラインナップにあれば、もう迷う必要はありません。

第一選択しにして大丈夫です。

 

eMAXIS Slim シリーズ

<購入・換金手数料なし>ニッセイ インデックスファンド シリーズ

 

この2つのシリーズが決定版です。

 

この2つのシリーズは手数料ほぼ1番低い水準で、他のファンドが手数料を引き下げるときちんと追従して値下げしてきた実績もあります。

 

あまりにマイナーなファンドだと途中償還(終わっちゃう)のリスクがありますが、このシリーズは他にも同じような商品も運用しており、その点でも安心でしょう。

 

投資対象は?

 

これは本当に何を目指すかによります。

 

分散投資は基本として、いくつか戦略があります。

 

・全世界株で分散(株100%。アメリカ50%、日本10%、その他40%位になる)
・著名な経済評論家の山崎元様の提案(先進国株60%、日本40%位)
アメリカ株全力(ダウかSP500を100%)
・債権を組み合わせてリスクを下げる(例えば株60%、債券40%とか。急落時に強い)
・不動産も組み合わせる

 

こればっかりは本当に人によります。

 

20代なら株100%でも良いと思いますが、50代位から債権の比率を増やした方が老後の戦略は立てやすいと思います。

 

債権の方が値動きが少なめなので、相場に影響されにくくなるからです。

 

世界の時価総額で言うと、日本は10%位ですが、個人的には日本も応援したいので、私は山崎元様の方法(日本株を40%前後)を採用していますが。

 

今後の世界をどう見るのか(予測)と、どうなってほしいのか(願望)、どうしたいのか(欲望)なんかでも変わってくるんですよねー。

 

私も毎年余計なこと(投資対象の見直し)をして、後で後悔したりしています。

 

投資は難しい。正解が無いから。

 

だから楽しいんですけどね。

 

 

  

【Hulu】今すぐ会員登録はこちら