FPトガクレお金を育てる

あなたの生活が劇的に変わる資産運用術

世界経済はついに景気後退局面か?【逆イールド】リセッションに警戒

逆イールドでリセッションか?

FPトガクレです。

 

ちょっと世界経済の雲行きが怪しくなってきました。

 

3/25の日経平均株価終値はは前週末より650円23銭安い2万0977円11銭

 

その他のアジア主要市場も軒並み下落している。

 

為替は円高ドル安が進み、1ドル109円70銭台をつけた。

 

3/22のNYダウは220ドル77セント安の2万5169ドル53セント

 

株価下落の背景は

 

株価下落の背景としては

 

中国経済の減速
EU経済の不調
アメリカ連邦準備理事会(FRB)が年内の利上げを見送り
逆イールドが発生

 

が理由とされるが、

 

特に「逆イールド」に注目されています。

 

今回特に注目されているのは「逆イールド」

 

逆イールドとは、米債券市場長期金利短期金利金利逆転現象である。

 

通常は長期金利の方が高い

 

しかし、今回は米国債10年物の利回りが3か月物の利回りを11年半ぶりに下回ってしまった。

 

前回10年物の利回りが2年物より低くなったのは2007年で、その1年後リーマンショックが起きている。

 

過去で見てみても、逆イールドが発生した1~2年後にほぼ景気後退している。

 

今後の見通しは

 

正直今回の逆イールドが景気後退局面のシグナルとなるのかは、まだ何とも言えません。

 

これまで過去に景気後退の「炭鉱のカナリアとして見られてきた逆イールドは「10年物」と「2年物」の逆転です。

 

今回の逆イールドは「10年物」と「3か月物」なので、そこは注意が必要です。

 

逆イールドが発生したことにより、リセッションと大きく騒がれていますが、今後も市場を見守る必要がありそうです。

 

 過去記事

togakure.hatenablog.com