FPトガクレお金を育てる

あなたにも今すぐ出来る!簡単でシンプルな資産運用法を公開中

共働き世帯は「時間を買う」という選択も

home_electric_appliances

FPトガクレです。

 

女性の社会進出もあり、共働き世帯は年々増えています。

 

さらに理由の一つとして、可処分所得(いわゆる手取り)が減っていることもあげられます。

 

世帯(2人以上)の可処分所得は、1997年は約月額49万円だったのが、2016年は約42万円と減っています。

 

背景には、社会保険の負担増加所得(給料)が増えない(もしくは減っている)事があります。

 

 

人間も含めて生物は「環境に適応」しようとしますので、可処分所得が減ってしまうと、「金銭的に子どもは無理だな…」と思ってしまう夫婦も出てくるのは自然といえます。

 

お金の問題で子どもを諦めてしまうと…。

 

また、金銭的な問題を解決しようとすると夫婦2人で働く必要が出てくるため、保育園(保育士)の不足などが考えられ、やはり現在の少子化問題に直結していくんですね。

 

そんな中でも夫婦2人で働き、さらに子供も育てるとなると、かなり忙しくなります。

 

ただ働くだけでも疲れるのに、保育園の送り迎えや子供が散らかしたおもちゃの片づけ、洗濯物も大量など、考えただけで頭が痛くなります。

 

そんな頑張る共働き夫婦に提案があります。

 

時間をお金で買ってしまおう

 

お金で解決できることは、少々お金を使ってでもそれで解決してしまいましょう。

 

働くだけでもクタクタなのに、家に帰ってまで雑用に時間を使うのは効率的ではありません

 

「せっかく共働きなのにお金を使ったら意味ないよー」とお思いかもしれませんが、さすがに「1人で働く + めっちゃ節約」より「2人で働く + 少々の出費」の方が金銭的にもだいぶ余裕があるはずです。

 

費用対効果を考え、上手に活用して行こうというものです。

 

物やサービスを買ったりしてお金を払うことにより、大幅に時間を短縮できることとしては、

 

洗濯乾燥機
食器洗い乾燥機
食事は外食や惣菜などを活用
ロボット掃除機
湯沸しケトル
強力ドライヤー(もしくは2個使い)
電動自転車
家事代行サービス

 

などがあります。

 

それらを購入もしくは利用し、上手に時間短縮していきましょう。

 

一時的な負担増は未来で取り返せ

 

ここで不安になるのが「余計にお金がかかる」ということですが、時短して体力が確保できたら、元気いっぱい本業に打ち込んで取り返すとしましょう。

 

大丈夫です。

 

共働き世帯のあなたは、もう十分頑張っています。

 

お金はちゃんと努力を続けていれば、また必ず戻って来てくれます。

 

お金とは本来そういうものです。

 

共働きは本当にいろいろと負担が増えます。

 

いつまでも無理を続けると「もうちょっと手伝ってくれてもいいのに!」なんてパートナーにもあたってしまいます。

 

精神衛生上も良くありません

 

家庭円満のためにも、お金で解決できることはお金で解決してしまい、捻出した時間はもっと有効なことに使いましょう。

 

子どもがいらっしゃったら、一緒に遊んだりしてその成長を見れるのは今だけですよ。

 

洗濯物を干す時間」と「子どもと遊ぶ時間」を天秤にかけたら、今のあなたにとってどちらが大切な時間ですか?

 

お金はいつでも稼げますが、今という時間は「今この瞬間」しかありません。

 

時間はとっても大切。お金よりも。

 

 

 

食物アレルギーに配慮した商品をご自宅にお届け!

 

 過去記事

togakure.hatenablog.com