FPトガクレお金を育てる

ゆるーく読めるお金の攻略サイト!資産運用(株、投資信託、お得な制度など)を紹介します

【買ってはいけない】身内にキレた割高な金融商品を3つだけ紹介

スポンサーリンク

f:id:togakure:20190815083944j:plain

 

トガクレです。

 

今回は身内が購入した割高な金融商品を紹介するよ

 

ネット界隈の皆様の金融知識の高さにはいつも感心していますが、やはり一般的には金融の知識が高い人はまだまだ少ない印象です。

 

世の中には「なんでわざわざそれを選ぶかな~」という商品も、多数紛れ込んでおり、私の身内も手を出して失敗しています。

 

今回はそんな身内がやらかした失敗を紹介したいと思います。

 

 

独身なのに生命保険に加入させようとする

 

最初にキレてしまったのは生命保険です。

 

親の世代(団塊の世代)では、生命保険は社会人になったら「必ず」「早めに」加入することにより、保険料が安く済むとの認識(常識)です。

 

父親は地方公務員で、職場経由で超大手の保険会社に、私名義の生命保険を加入していたようです。

親からすれば、どうせ加入しなければならないので、早いうちにと良かれと思って加入したものと思われます。

 

そして社会人になって数ヵ月後、その時がきました。

 

親「そろそろ保険料をおまえが払え」

 

私は当時独身23歳でしたので、生命保険に入る必要性がわかりません。万が一の時にお金を残す相手もいないのに、高額の保険料をなぜ払わなければならないのかと。

 

私「入る理由がわからない。だいたい誰が保険金を受け取るのか?」

直球で親に意見すると、次の親の返答で私は早くもキレてしまいます。

 

「受取人は私たち(両親どちらか)でいいから継続しなさい」

 

「なんで親に保険金を出すのに、自分がお金を払わないといけないんじゃー!」

 

一応ですが親は毒親ではありません。

 

今となってみれば、親の世代の常識での親切であったのかなと思いますが(早めに入れば保険料を抑えられると…)。

当時の私はそんなのわかりませんw

 

保証が必要な情強は、掛け捨て型の生命保険か、収入保障保険をネットで加入がおすすめ

 

証券会社に勧められ毎月分配型の外国債券アクティブファンドを購入

 

10年ほど前位は外国債券のアクティブファンドが売り上げランキングトップでした。

当時の絶対王者というべき「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)」

 

毎月分配型のブームはこの投資信託からといっても過言ではない。

現在でも販売されていますが、販売手数料1.62%、信託報酬1.35%とはっきり言って高い!

 

今となっては「たかが外国債券のファンドなのに、なんでこんなに高いの?」と思いますが、一昔前はそれほど高い印象はなかった。

 

親も証券会社に勧められるがまま、このファンドを200万円ほど購入。

 

まあ当時としてはそれほど酷い投資信託ではありませんでしたが、それでもインデックスファンドなんかの方が良い(当時のインデックスファンドでも信託報酬0.6%位でした)。

 

しかも1ドル=120円前後とどう考えても円安局面。

 

毎月分配型がいかに非効率化を熱心に説明しましたが、子どもの言う事より証券会社の社員の言うことの方が信じられたのでしょう。

 

そのまま保有し高い信託報酬を払い続け、しかも民主党政権で一気に円高局面に突入!

あろうことかその場面で証券会社の社員は他の投資信託に鞍替えを提案www

 

追い討ちとはこのことかと(笑)

 

更に購入しようとしている親にキレましたw

 

その後損切りも提案(円安絶頂期に購入w)しましたがそれもせず、元本を取り返すのに7年以上かかったと思います。

 

情強は毎月分配型は購入しないで!債券ならなおさらインデックスファンドを選んでね!

 

通信のソフトバンクIPOを購入

 

またまた証券会社の営業にのってしまいます。
お金だってそんなにある訳ではないのに、なぜ勧誘されるのだろうか(笑)

 

ソフトバンクIPOといったら例のアレですよ。
初値1,500円をいつまでも取り戻せない、あの通信のソフトバンク株です。

 

最近では自社株買いなどを発表して上がってきていますが、それでもまだ初値を超えられません。

 

過去に例がないほどの大型案件でしたが、発売前にかなりダブついてしまいます。
その為、当時の証券会社の社員は積極的に営業をかけていました。

 

そんな噂は弱小FPの私の耳にも入っていましたので、私は購入しませんでしたが、あろうことか両親が買う事になっていましたw

 

私「やめといた方が良いんじゃない?売れ残ってる位なんだから初値割れるよ?」

 

親「うるさい!IPOはなかなか当選しないのに、営業さんとの長い付き合いで持ってきてくれたいい話なんだ!」

 

今度は逆にキレられてしまいましたw

 

この辺の「長い付き合い」は私にもよく理解できません。
親は興味もないのに、付き合いで日本共産党が発行する「赤旗」を2部購読してたりしますんでw
(ちなみに支援政党は自民党だそうですw)

 

まあその後はお察しの通りです。
いまだに初値は超えてませんからね。

 

親のお金ですから、どう使おうと知りません。
たぶん絶賛塩漬け中でしょう(笑)

 

IPOは以前と比べて明らかに稼ぎにくくなっているよ!

 

まとめ

 

対面型の金融商品はネットの金融商品に慣れた人からすると、割高に感じます。

 

しかし、すべての対面型の金融商品が悪いのではなく、多少の手数料を上乗せされたとしても、知識の無い人には相談できるメリットはとても大きいと感じるでしょう。

 

悪いのは無知に付け込んで「ワザと」割高な商品を勧める売り方です!

 

かんぽ生命!テメーだけは許さん!

 

過去記事

www.fp-togakure.com

www.fp-togakure.com